WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年12月14日のニュース

鬼シンポ:大江山の酒呑童子、三岳は頼光伝説

1214sinpo.jpg  酒呑童子伝説が残る福知山市で13日、「鬼シンポジウムインふくちやま2009」(世界鬼学会、市教育委員会主催)が開かれ、鬼に関心を持つ約70人が大学教授や市教委職員の講演、事例発表に耳を傾けた。
 

 シンポジウムはホテルロイヤルヒル福知山で開催。「日本の民俗信仰と鬼」と題した佛教大学の八木透・文学部教授の講演、陸上自衛隊福知山駐屯地の隊員による酒呑太鼓の演奏のあと、市教委生涯学習課の八瀬正雄さんが「もう一つの酒呑童子伝説」の演題で事例発表した。
 
 八瀬さんは、地元・大江山には酒呑童子にまつわる伝説が残っているのとは反対に、同じ国定公園内の三岳山周辺には退治した源頼光にかかわる伝説が多く残っていると指摘。
 
 また、25年に一度開かれる御勝八幡神社(上野条)の大祭に奉納される紫宸殿田楽は、頼光一行が鬼退治に行く途中、37日間こもって戦勝を祈願した同神社に田楽を奉納したことが始まり−ということや、三岳山は修験道の聖地とされ、「伝説を全国に伝えたのは行者ではないか」などと解説をした。
 
 
写真=三岳山周辺に伝わる頼光の伝説を話す八瀬さん

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ