WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年12月 8日のニュース

アルミ缶回収など評価受け、南陵中に3R推進協議会長賞

1208nanryou.jpg 福知山市南岡町の南陵中学校(長野幸富校長、482人)がこのほど、リデュース・リユース・リサイクル(3R)推進協議会から、協議会長賞を受けた。生徒会が中心になって長年取り組んできた被災地復興支援のアルミ缶回収運動などが評価された。
 

  協議会は毎年、ごみの発生抑止や再利用などの3R活動で、とくに目立った功績があった事業所、学校などを推進功労者としてたたえている。南陵中は府の推薦を受けて応募していた。
 
 アルミ缶回収は今年で10年目。6月、11月の年2回取り組み、地域や保護者にも協力の輪が広がり、1年で7万個前後が集まる。それぞれ換金し、ジャワ沖大津波、四川大地震、能登沖地震など各地の復興支援金として役立て、今年は市社会福祉協議会に車いすを寄贈するなどしている。
 
 また、1995年から始めた生徒会の地域清掃ボランティアは、5月の活動として定着。現在は、部活動ごとに分担し、由良川河川敷、福知山城、福知山駅など6カ所でごみ拾いに汗を流している。
 
 昨年3月には、市民のごみ出しマナーの悪さや勘違いで、住民の出したごみが業者に回収拒否されかねない事態が起こったのを機に、生徒会が独自に「プラごみ検定」の問題を作成し、全校生を対象に実施した。
 
 
写真=集まったアルミ缶を引き取り業者のトラックに積み込む生徒たち(今夏)
 
【関連ニュース】
 ・地震復興支援のために 南陵中生徒会アルミ缶回収

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ