WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年12月 5日のニュース

土砂崩れ現場からアンモナイト 夜久野で吉井さんが採取

1205kaseki.jpg 化石収集を長年続けている福知山市夜久野町日置の益富地学会員、吉井昌平さん(82)が、8月の豪雨災害で土砂崩れをした同町額田(割石)の林道で、アンモナイトの化石を見つけた。最大径は約8センチある。

 夜久野は「化石の町」として知られる。吉井さんは04年に日本古生物学会が新属新種と発表したアンモナイト「ヤクノセラス・ヌカタエンゼ」など、これまでに町内各地で約300点を見つけている。
 
 今回の土砂崩れ現場は、今までに太古の化石が多数確認されているところ。11月29日に採取作業をしたところ、頁岩(けつがん)の中からアンモナイトを見つけた。約2億2000万年前の中生代三畳紀中期のものと推定している。
 
 吉井さんは「アンモナイトは化石の王様といわれ、夜久野の太古が海底だったことを示すもの。直径が5センチを超えると大きなクラスに入る。採取したものや国内外のコレクションの一部は、農匠の郷にある夜久野町化石・郷土資料館に展示しているので、ぜひ見に来てください」と話している。
 
 
写真=採取したアンモナイト

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ