WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年12月 1日のニュース

端切れで花畑−共同作品が知事賞に 福祉施設・ちくもう

1201tikumou.jpg 障害者の芸術作品紹介、育成を図る「京都とっておきの芸術祭」の今年度受賞作品が発表された。福知山市昭和新町の障害福祉サービス事業所「ちくもう」(芦田ふゆ子施設長)が、たくさんの端切れで作った作品が諸工芸の部・知事賞に選ばれた。
 

 絵画、陶芸など7部門を設け、府内の個人、団体から524点の応募があった。審査は林大史・日図デザイン博物館館長ら、各分野の専門家があたり、最高賞の知事賞などを選んだ。
 
 ちくもうの作品は、20センチ×25センチほどの段ボールに、針を使って端切れを刺し込んだものを、90センチ×100センチのベニヤ板に並べた。題は「花畑〜みんなの花が咲いたよ」。機能訓練の一つとして、通所者みんなで4月から10月までかけて取り組んだ。
 
 施設には、個人で賞を取った人が何人かいるが、今回の共同作品はみんなの力を合わせて完成していて、「これまで賞を受けていなかった人も加わることができ、とても喜んでいます」という。
 
 福知山からはほかに俳句の部で戸崎悟さんが優秀賞、川柳の部で産田佐代子さんが京都障害者芸術祭実行委員会長賞に選ばれた。
 
 表彰式は10日に京都市美術館で行われる。優秀作品は3日まで京都駅ビル南北自由通路で展示中。9日から21日までは嵐山の観光交流施設・ぶらり嵐山で展示される。
 
 
写真=段ボールに端切れを刺してリボンのようにして無数の花を咲かせた作品(部分拡大)

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ