WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年11月28日のニュース

コロンビアから野球少年10人 成美高の練習にも参加

1128koronnbia.jpg コロンビアから13、14歳の少年野球選手10人が来日し、25、26両日に福知山市を訪れた。現地で指導している青年海外協力隊員で元立教大学野球部主将、阪長友仁さんらが引率。26日には福知山成美高校の野球部員の練習に参加し、礼儀を重んじる日本の野球を学んだ。
 

 阪長さんと親交のある京都創成大学野球部の小林敬一良監督らが発起人となり、「日本の野球や文化に触れ、こんご自国での活動、人生に生かしてもらおう」とプロジェクトを立ち上げた。遠征費を賄うために約250万円の寄金を募り、来日が実現した。
 
 一行は19日に来日し、大阪ドームで社会人野球日本選手権の見学などをし、福知山に来た。25日は京都創成大学での歓迎会のあと、創成大などの練習を見学し、市内でホームステイした。
 
 26日は、福知山球場で福知山成美高校の野球部員95人とともに練習。シートノックやフリーバッティングに臨み、グラウンド整備、野球道具の手入れなども丁寧に教わっていた。
 
 阪長さんは「コロンビアの少年たちは身体能力が高いが、礼儀や協調性といった面が欠けている。日本の野球を見て、体験して随分成長してくれた」と喜んでいた。
 
成美高の田所孝二監督は「まだ中学生だが、素質のある選手が多い」と練習を見守っていた。
 
 
写真=フリーバッティングに臨むコロンビアの野球少年

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ