WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年11月17日のニュース

福祉と建築関係者らが一緒に勉強会 段差解消などテーマに介護と生活環境考える

1117sumai.jpg 福知山市内の福祉、建築関係者らでつくる「住まいの改善ネットワーク」は14日、三段池公園総合体育館で「安心・安全な住まいを考える」をテーマにした特別例会を開き、参加者が住宅改修について考えを深めた。
 

 改善ネットは2004年に発足。高齢者や障害者らの住環境を考え、より良い介護と生活環境について、月に一度例会を開き研さんを積んでいる。
 
 例会にはケアマネージャーや保健師、看護師、介護福祉士、療法士のほか、建築関係の人ら約30人が参加。中丹地域の住宅改修の現状と事例に関する講演を聴いたあと、3班に分かれて、玄関の段差をどう解消するかについてグループディスカッションをした。
 
 会場にはあらかじめ段差をつけた模擬の玄関を製作した。つえで自立歩行できる人を例に、玄関から一人で外出できるよう、段差をどう解消するかをテーマに討論。対象者の症状も視野に入れて「手すりはあまり太すぎず握りやすい方がよいのでは」「壁などに収納できる踏み台を取り付けられないか」などと活発に意見を出し合っていた。
 
 ネットの世話人代表の一人、今井昌之さんは「『こういうことを普段から考えていくことが大切だと分かった』などという感想が出されていました。今回のことをそれぞれの職業でも生かしてもらえれば」と話していた。
 
写真=模擬玄関を使って段差の解消を考える参加者
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ