WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年11月13日のニュース

今年の迷子第1号を保護 観音寺でオオミズナギドリ

1113oomizunagidori.jpg
 “風物詩”ともなっている府の鳥・オオミズナギドリの迷子第1号が、11日午前に福知山市内で保護された。府中丹広域振興局で13日午後に計測などを行い、舞鶴湾から放鳥する。
 

 繁殖地として国の天然記念物指定されている舞鶴湾の冠島から、毎年この時期になるとオオミズナギドリたちが南の海へと渡っていく。夏に生まれたばかりの若い鳥の中には、出発早々の福知山市近辺へ不時着してくるものがいて、平地からは飛び立てないため、保護されたものは海沿いの崖や高い橋から放鳥してもらっている。
 
 昨年は中丹地方で18羽、一昨年は36羽が保護された。
 
 今年の第1号は、11日朝、観音寺の舞鶴若狭自動車道高架下で保護された。見つけたのは石原で、ことぶき屋酒店を営む田中徹さん(61)夫婦。愛犬の散歩をしていて、うずくまる鳥を見つけ、保護した。
 
 はじめはハトと思っていたが、脚に水かきがあったためオオミズナギドリだと分かり、市を通じて府へ連絡した。「府の職員さんが舞鶴から再挑戦させて下さるというので、よかったです。今度は無事に渡って行ってくれるといいですね」と話していた。

写真=保護されたオオミズナギドリ(田中さん撮影)

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ