WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年10月23日のニュース

主力の3年生欠きながら全国大会の切符 淑徳バレー部

全国大会出場を喜ぶメンバー 福知山市正明寺の福知山淑徳高校バレーボール部が、12月20日から23日まで東京都町田市で開催される「第14回全国私立高校男女選手権」の女子の部に初出場する。近畿大会では主力メンバーが欠場したが、控えのメンバーが奮起し、チーム一丸となり、つなぐバレーをして突破。創部以来初の全国大会へ挑む。
 

 京都大会で優勝後、近畿地区予選を控えて主力の3年生が体調を崩したり、ケガに泣かされたりしてやむなく欠場することになった。チームの士気は下がりかけたが、控えメンバーが「主力選手たちを絶対全国に行かせたい」と、強い気持ちで近畿地区予選(出場22校)に臨んだ。
 
 女子は特別推薦の部(出場6チーム)と一般推薦の部(同16チーム)があり、淑徳は一般推薦の部で出場した。4チームずつの4ゾーンでリーグ戦をし、ゾーン優勝すれば全国切符を手にすることができる。
 
 淑徳は宣真(大阪)にセットカウント2−0のストレート勝ち。2戦目は強豪の須磨ノ浦女子(兵庫)と対戦し、会場にいる観客たちの大方の予想に反して2−1で破り、浮かれることなく好文学園女子(大阪)にも2−1で勝利してゾーン優勝。悲願の全国大会行きを勝ち取った。
 
 登録メンバーは1年から3年までの18人。3年生のキャプテン、大石晃世さんは「初の全国なので、1勝したい」と闘志を燃やし、新チームのキャプテン、2年生の蘆田実瑞貴さんは「3年生とプレーできるのも最後なので、心に残る試合をしたい」という。
 
 高橋未佳監督は「近畿は、決めるときに決め、サーブでも攻めることができ、チーム一丸となって戦った結果。全国では強豪の関東勢など普段は対戦できないチームと戦いたい。まずは1勝をめざします」と話している。
 
 
写真=全国大会出場を喜ぶメンバー

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ