WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年9月19日のニュース

自民再建を掲げ 谷垣氏が総裁選立候補

事務所から党員に電話をかける支持者たち 自民党の総裁選が18日に告示され、福知山の谷垣禎一・元財務相(64)が立候補した。ほかに立候補したのは河野太郎・元法務副大臣(46)、西村康稔・前外務政務官(46)。麻生前首相のもと先の衆院選を戦って歴史的な惨敗を喫し、野党に転落した党の再建をかけた第一歩として、注目が集まる。国会議員による投票と党員票の開票は28日に行われる。
 

 総裁選は党所属の国会議員票199票と地方票(党員票)300票で争い、地方票は各都道府県連に4−15票が割り当てられており、党員は投票用紙となる党からの往復ハガキで投票。各都道府県連で開票する。
 
 福知山市厚中町にある谷垣氏の事務所は、告示された18日午後から党員へ向けての電話作戦が始まった。
 
 激しかった衆院選の間、電話作戦の本丸として機能した事務所の電話室だが、選挙後は電話回線を撤去し、事務所そのものも元の入居ビルへ戻る支度をしていた。それが谷垣氏の総裁選立候補を受け、急ぎ回線を増やす工事にかかり、ギリギリで準備を整えた。
 
 地方票が国会議員票を上回り、党員の一票が大きな影響力を持つとあって、電話作戦の重みも増している。告示後は支持者の女性たちが事務所に詰め、名簿をもとに党員宅へダイヤルして、谷垣氏への投票を呼びかけている。
 
 前回2006年の総裁選に立った際と異なり、今回は地元を中心に受け持ち「もともと谷垣を支持して下さっている党員のみなさんなので、電話もかけやすいです」という。
 
 事務所からかける電話先は府内だけだが、事務所へかかってくる電話は全国から。19日も朝から次々と激励の声が届いていた。
 
 
写真=事務所から党員に電話をかける支持者たち
 
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ