WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年9月14日のニュース

大江山に常陸宮ご夫妻 毛原の棚田と鬼博物館を視察

熱心に展示物を見て回られた(日本の鬼の交流博物館で) 環境省などによる今年度の「自然公園ふれあい全国大会」が、12、13両日にわたり丹後天橋立大江山国定公園などで開かれた。常陸宮ご夫妻をお迎えしての式典、シンポジウム、エコツアーが行われ、2日目には、ご夫妻が福知山市の大江山を巡られた。
 

 初めに「日本の棚田百選」に選ばれている毛原の棚田の視察。都会から参加者を迎えての棚田・農業体験ツアーが行われている会場で、実行委員会の桜井一好さんから「都市との交流を通じて地域と農地を守っています」と取り組みの説明を受け、雑木林の里山と植林、棚田が並ぶ里を見学された。
 
 地酒「大鬼」に使う酒米の稲刈りに精を出す参加者たちのそばまで歩み、虫かごを持った子を見かけると「何が入っているの」と声をかけ、一緒にカマキリ、バッタなどをご覧になった。
 
 続いて仏性寺、日本の鬼の交流博物館を訪問し、塩見行雄館長の先導で館内の展示物をご見学。全国でも珍しい資料がそろっているだけに、ご夫妻は何度も足を止めて、じっくりと見て回られた。説明役を務めた村上政市名誉館長に、全国の鬼の傾向など次々と質問。村上さんは「酒呑童子伝説にも非常にお詳しかった」と話していた。
 
 
写真=熱心に展示物を見て回られた(日本の鬼の交流博物館で)
 
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ