WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年9月 7日のニュース

20カ国の80人招き農園で交流

0907kokusai.jpg 国や文化の違いを超えて人びとが交流する国際交流ふれあい農園で5日、恒例の収穫祭が開かれた。福知山市観音寺の農園で市民と世界20カ国の約80人の外国人が、各種イベントを通して楽しく交流した。
 

 府北部国際交流協会(塩見日出勝会長)が、府北部在住の外国人のほか、JICA(国際協力機構)を通じ技術研修に訪れている人たちと市民との交流を図ろうと、毎年開催し、今回で16回目を迎えた。
 
  流しそうめんや餅つきを楽しんだあと、堀太鼓の子どもたちが演奏を披露。初めて見る和太鼓演奏や餅つきを、懸命にカメラで撮影する外国人の姿が多く見られた。
 
 初めはぎこちなかった子どもたちも、ゲームや旗づくりを通じ、外国の人たちとすっかり打ち解けあい、身ぶり手ぶりで交流を楽しんでいた。
 
 コンゴ共和国の男性、デュドネさん(40)は「JICAの支援で8月に日本に来たばかり。交流会は楽しく、参加できてとてもうれしい。お餅もおいしい」と喜んでいた。
 
 また初参加した成仁小学校6年生の松本流維君も「アフリカやブラジルの人としゃべったけど、身ぶりでも意味が通じて、とてもおもしろい体験です」と話していた。
 
 交流会のあとは、第2部として農園での収穫や各種ステージイベントがあり、多くの人でにぎわった。会場には市内で働く中国人女性らが作るギョーザコーナーなどもあり、人気を集めていた。
 
 
写真=国旗などを描いて旗づくりをする参加者たち
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ