WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年8月27日のニュース

甘さたっぷり 三和ブドウの出荷始まる

袋詰め前に一房ずつチェック 丹波の初秋の味覚を代表する三和ブドウの出荷が、27日から福知山市三和町友渕と大身で始まった。一般販売は28日正午から、千束のJA京都にのくに三和支店前でスタートする。
 

 三和ブドウは、大粒のマスカットベリーAで、町の特産品として販売を待ちわびるファンが多い。ことしは大身ぶどう生産組合(横田修身組合長、17戸)が約1・5ヘクタール、友渕の大原野開発生産組合(高根利数組合長、13戸)が約1ヘクタールで栽培している。
 
 出荷は昨年より一日遅い。観測史上最も遅い梅雨明けで、特に7月の長雨がたたり、収穫量は豊作だった昨年と比べると、両組合とも1−2割減る見込みという。
 
 また日照時間が短かかったことで色がやや薄く、秀品率は下がるが、房太りはよく、糖度も18−20度と例年に劣らぬ甘さになった。
 
 友渕では、午前7時30分から共同ブドウ園で、組合員総出で房を切り取り、出荷用の袋詰め作業に励んだ。大身では、組合員各自が収穫したブドウを持ち寄り、目合わせをして出荷していく。
 
 販売価格は、秀品が箱入りで2キロ2000円、優品が同1700円、パック入りは400グラムで300円。期間は28日から2週間程度。毎日正午から3時ごろまで、支店前で販売するが、売り切れ次第終了する。初日から数日は込み合うことが予想される。
 
 
写真=袋詰め前に一房ずつチェックしていく出荷用のブドウ(友渕で午前8時過ぎ)
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ