WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年8月26日のニュース

元阪神の片岡さんらが野球教室で指導

基本の投げ方を指導する片岡さん プロ野球の阪神タイガースと読売ジャイアンツのOB3人を講師に迎えた少年野球教室(JA京都にのくに主催)が23日、拝師の成和コミセングラウンドで開かれ、参加した学童球児48人が直接指導を受けた。
 

 にのくに管内の三和、夜久野、大江、下豊富から計5チームが参加した。講師は片岡篤史さん、橋本清さん、松下圭太さん。
 
 片岡さんはPL学園高、同志社大を経て1991年ドラフト2位で日本ハムファイターズへ入団。02年にタイガースに移籍して翌年の優勝に貢献するなど強打の内野手として活躍。ベストナイン2回、ゴールデングラブ賞3回を受けている。
 
 橋本さんは88年にPL学園高からドラフト1位でジャイアンツに入団。投手で、93年にはチーム最多の52試合に登板した。
 
 松下さんは愛媛県立三瓶高からテストを受けて2002年にタイガースに入団。非凡な打撃センスの持ち主として掛布2世の呼び声も高かった。外野手。
 
 最初はキャッチボールから。ボールを投げることは基本中の基本だが、ここをおろそかにしては良いプレーは絶対にできないと、基本をマスターするのに役立つひざをついた状態でボールを投げる練習方法を取り入れた。
 
 片岡さんたちに「ひじから先だけで投げよう」「上半身がぶれたらだめ」などのアドバイスを受けて、子どもたちは緊張しながらも、教わったことをさっそく生かそうと練習に身を入れていた。
 
 このあと、投球や守備、バッティングの練習をして元プロたちと対決する時間もあった。
 
 
写真=基本の投げ方を子どもたちに指導する片岡さん
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ