WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年8月22日のニュース

女子の甲子園開幕 全国高校女子硬式野球選手権

「自分と仲間を信じ最後まであきらめず戦う」と宣誓する埼玉栄・六角主将 女子の甲子園、第13回全国高校女子硬式野球選手権大会が22日、兵庫県丹波市市島町のスポーツピアいちじまで開幕した。6校・チームが出場し、5日間にわたってゾーン戦と決勝トーナメントを行う。
 

 午前9時からの開会式は国旗、大会旗に続いて前年度優勝校の駒沢学園女子が「イチ、ニ」と声をそろえて入場。2番手には福知山成美などで作る丹波高校連合チーム。更に神村学園、埼玉栄、前年度準優勝校の花咲徳栄、蒲田女子が元気いっぱいに行進した。
 
 優勝旗返還が行われた後、大会長の辻重五郎・丹波市長が「他校と大いに戦い、大いに交流して下さい」とあいさつして、選手たちを激励した。
 
 選手宣誓は埼玉栄の六角彩子主将(3年)。「この丹波の地で大好きな野球ができることに喜びを感じます。自分の努力を信じ、仲間との絆を信じて、最後の最後まであきらめず正々堂々と戦い抜くことを誓います」と力強く誓った。入場行進の直前まで考え抜いたといい、思いを大きな声で伝えることができ「満足です」と笑顔を見せていた。
 
 初日は第1試合でAゾーンの丹波連合と花咲徳栄が、第2試合でBゾーンの埼玉栄と神村学園が戦い、第2日は丹波連合と蒲田女子、埼玉栄と駒沢女子。第3日に花咲徳栄と蒲田女子、神村学園と駒沢女子が戦う。
 
▽22日・第1試合
丹波連合
 000 001 0=1
 000 030 x=3
花咲徳栄
【丹波】松川−山口【花咲】寺部−内田
【三塁打】内記
 
 
写真=「自分と仲間を信じ最後まであきらめず戦う」と宣誓する埼玉栄・六角主将(午前9時30分ごろ)
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ