WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年8月10日のニュース

大雨被害:国道9号冠水し、30棟が浸水

床上浸水し泥だらけになった藤田さん方 台風9号の影響によって9日夕から福知山地方は大雨となり、福知山市は10日午前0時に市災害警戒本部を設置した。同本部のまとめによると、福知山市の西部を中心に10日朝までに床上・床下浸水などが発生。同日午前1時40分ごろには、梅谷の自宅で土のう積みをしていた男性(50)が水路に落ちて流されたが、すぐに助けられ病院に搬送、軽傷ですんだ。ほかに人的被害は入っていない。また、国土交通省福知山河川国道事務所によると、国道9号は冠水によって午前1時50分から下小田−夜久野町高内間が通行止めになった。
 

 今回の雨で、夜久野町板生上町、同高内、同額田下町、野花、猪野々、一ノ宮、勅使、坂浦、辻、大江町二俣二で計11カ所の避難所を開設。開設された避難所や近くの公民館、隣家へ17世帯42人が自主避難し、川口地域公民館以外は午前8時までに帰宅した。
 
 床上浸水は午前9時50分現在、夜久野町井田と高内、六十内、下小田で計6棟、床下浸水は上夜久野地区、中夜久野地区、一ノ宮、中佐々木などで計24棟。
 
 道路は、午前9時現在、冠水や土砂崩れによって、国道9号と市道三岳金山線など計7カ所が通行止めになっている。このほか、がけ崩れで上佐々木の府道雲原桑村線も片側通行になっている。
 
 夜久野町畑地区(6自治会、約120世帯)では簡易水道が断水しており、給水車によって2カ所で給水活動をしている。
 
 福知山市下小田の国道9号沿いにある会社員、藤田和弘さん(48)方では10日未明、国道沿いを流れる牧川の濁流が流れ込み、床上浸水した。
 
 藤田さんらによると、豪雨の影響で9日午後10時30分ごろから牧川が一気に増水し、午前0時ごろには国道まで水が上がった。このため地元の川口地域公民館に避難した。
 
 午前3時ごろから水が引き始めたが、床上30センチの浸水で室内に泥が積もり、近所の人たちに手助けを受けながら、朝から清掃作業に追われた。
 
 藤田さんは「台風23号による大雨のときは床上60センチまで水がついた。小学6年生のときを含めると床上浸水は3度目になります。川底の土砂を取り除くなどの対策を考えてほしい」と話していた。
 
■JR山陰線・福知山−豊岡間の運転再開■
 
 JR山陰線の福知山−豊岡駅間で、昨日来の大雨で線路などに被害が出ており、午前5時10分の福知山始発から列車の運行を見合わせる状態となった。福知山−豊岡間は午前11時30分に線路の安全確認が出来たため運転を再開した。
 
■今後も断続的に雨■
 
 降り始めの9日午前1時からの1時間最大雨量は福知山三和で27・5ミリ(9日午後6時10分まで)。総雨量は福知山市荒河で10日午前11時までに102ミリとなった。
 
 午前10時39分の京都地方気象台の発表によると、府北部では10日昼過ぎにかけ、雷を伴う激しい雨の降る恐れがあり、午前10時段階で大雨、洪水警報が出たままとなっている。
 
 今後は、室戸岬の南にある台風9号の北上に伴い、断続的に雨が降り続く模様。台風は、10日午後9時ごろに潮岬の南約160キロに近づき、北東に進むと予想されている。
 
 
写真=床上浸水し、泥だらけになった藤田さん方(10日午前10時ごろ)
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ