WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年8月 3日のニュース

雨上がり 1万9000人の人出 ボンチフェスタ

かりゆし58ライブ 福知山の夏の定番イベント「ボンチ・フェスタ・イン・フクチヤマ2009」(実行委員会主催)が2日、福知山市猪崎の市三段池公園総合体育館周辺で開かれた。未明までの雨が上がってたくさんの人たちが来場。フリーマーケットや各種展示、ストリートダンスショー、ライブコンサートなどがあり、延べ1万9000人の人出(主催者発表)でにぎわった。
 

 フェスタは「ライブを中心とした魅力あるイベントで、街に若い活気を!」を合言葉に始まり、今年で20年目。以来、カシオペア、JAYWALK、知念里奈、D−51、加藤ミリヤ・清水翔太ら多彩なミュージシャンたちがやって来た。
 
 フリーマーケットなども定着した催しのひとつとなっており、体育館内で開かれたストリートダンスショーには16団体、アマチュアバンドステージには4グループが出演。また野外特設ステージでも、もりう▽斬the忍者▽シュガーループ▽日比直博の4組が、ラップや軽妙なトークなどを織り交ぜながら、個性あふれる音楽を聴かせた。
 
 メーンとなった「かりゆし58」のライブでは階段広場が来場者でいっぱいになり、ファンらはステージ前に集結。ボーカルの前田真悟さんが沖縄なまりの言葉で「20年もの間、このフェスタを支持する人がいて、影でささえるスタッフがいて、フェスタが続いていることがすごい! ここに来られたことを誇りに思い、忘れません」と叫ぶと大きな拍手がわき起こった。
 
 代表曲の「ウクイウタ」や「情熱の薔薇(ばら)」は、来場者も一緒になって口ずさみ、ヒット曲の「さよなら」では会場の熱気が最高潮に。互いに肩を組みあい、曲にあわせて体を左右に揺らしながら音楽に陶酔していた。
 
 
写真=会場と出演者が一体となった、かりゆし58のステージ
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ