WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年7月28日のニュース

高校野球:福知山成美、決勝戦で龍谷大平安に逆転サヨナラ負け

一気に三塁へ走る細野 目の前にあった勝利が、するりと逃げていった。
 第91回全国高校野球選手権京都大会決勝戦の27日、わかさスタジアム京都で、福知山成美は龍谷大平安と対戦。1点リードを奪いながら、迎えた9回裏に平安の反撃を受け、逆転サヨナラ負けを喫した。昨年夏、今春のセンバツに続く3季連続甲子園の夢はかなわなかった。
 

京都大会決勝戦
▽27日・わかさスタジアム京都
福知山成美 200 001 010=4
龍谷大平安 020 100 002=5
 
 ○…先発・香山、リリーフした島本。2人の投手が踏ん張り、強打の龍谷大平安をなんとか3点に抑えてきた。しかし9回裏、簡単に1死を取ったものの、続く1番から3番までに連続安打を許し同点。死球もあって1死満塁となり、ここでライトへの犠飛を打たれ、1点を争う好試合は幕を閉じた。
 
 先制したのは福知山成美だった。1回表、四球の田嶋、左前打の杉本を置いて、4番深瀬が左翼線二塁打。さらに福本の適時打で2点を奪った。
 
 2回に2点、4回にも1点を与え、一時は逆転を許したものの、6回には三塁打の細野を福本が中前打でかえして同点。8回には今井の二塁打を足がかりに1点を勝ち越した。
 
 5回から香山をリリーフした島本は、切れのいいストレートとカーブでよく抑えていたが、最後の最後、相手打線の執念に屈した。
 
 
写真=6回、細野が右翼線への長打を放ち一気に三塁へ
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ