WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年7月22日のニュース

千原兄弟が母校でライブ 市のPR大使に任命

母校に登場した千原兄弟 福知山市出身の人気お笑いコンビ・千原兄弟が21日、母校の福知山市前田の雀部小学校で、「チハラトーク100回突破記念スペシャル」を開き、ネタを連発し、俗世間を切るトークで客席を笑いの渦に巻き込んだ。トーク後、同市から福知山の情報を全国に発信するドッコイセ大使に任命された。
 

 千原兄弟は、千原せいじさんと千原ジュニアさんの兄弟コンビで、バラエティー、ドラマなどテレビ番組で大活躍している。今年はコンビ結成20周年で、2000年9月から月1回開いているトークライブ「チハラトーク」が100回の節目を迎えた。
 
 全国各地の4000人近くから参加応募があり、会場となった西体育館には抽選で選ばれた約400人(このほか約200人が東体育館でモニター視聴)が集まった。熱烈なファンも多く、2人が姿をみせると大歓声に包まれた。2人は小学生時代の思い出、芸能人のエピソード、怪談などをユーモアたっぷりに話し、会場を沸かせた。
 
 ドッコイセ大使の任命式では、松山市長が古里のPRへの協力を求めて2人に任命証を手渡すと、千原ジュニアさんが「お断りします」とジョークを飛ばす場面も。このあと「福知山のドッコイセまつり(福知山踊り)にぜひ参加を」と2人のイラストが入った特製の浴衣が贈られ、早速着込んで会場から大きな拍手を浴びた。
 
 ドッコイセ大使には、これまでにプロレスラーの小橋建太さん、チョコレート細工の世界大会で総合優勝したパティシエの水野直己さんが選ばれている。
 
 
写真=市から贈られた特製浴衣を着る千原兄弟
 
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ