WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年7月22日のニュース

雲の切れ間から日食観察

三日月のようになった太陽を投影して観察 日本の陸地で観察できるのは46年ぶりという皆既日食となった22日、各地で観察会が開かれた。福知山市内でも皆既日食にはならないものの、最大で太陽の8割以上が欠けて見える部分日食になるとあって、市児童科学館や小学校など各会場には朝から期待を募らせた夏休み中の子らが詰めかけた。雲の多い天気だったが、時おり切れ間から太陽がのぞき、欠けた太陽を専用グラスごしに確認すると歓声が上がった。
 

 大規模な部分日食が見られるのは珍しく、福知山でも日食観察用のグラスが飛ぶように売れた。前日があいにくの雨模様で観察会の開催が危ぶまれたが、けさは朝から時おり晴れ間がのぞき、ほとんど予定通り実施された。
 
 夏休み中で絶好の観察の機会だと、内記五丁目の惇明小学校は開学200年記念行事として実施。4年以上の児童の親子や地域の人たち約130人がグラウンドに集まった。欠けた太陽が見えるとあちこちから「見えた」「やった」と声が上がった。
 
 福知山での欠け始めは午前9時46分ごろ。2割ほど隠れた太陽を見た6年生の杉本さん、5年生の西垣さんは「日食を見たのは初めてで、感激しました。思い出を夏休みの宿題の日記などにまとめたい」と話していた。
 
■夜久野でも90人集まり■
 
 夜久野地域公民館と日本宇宙少年団夜久野分団の日食観察会が、福知山市夜久野町額田の市夜久野ふれあいプラザで午前9時30分から開かれた。地域の子どもたちを中心に約90人が訪れ、日食の説明を受けて、雲の切れ間から時々見える太陽を観察した。
 
 会場には3本の天体望遠鏡を用意し、太陽投影板に写して太陽が欠けていく様子を観察。専用の眼鏡も使ってスケッチをした。
 
 
写真=夜久野では最大食の時間帯に雲が切れて欠けた太陽を観測できた
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ