WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年7月 9日のニュース

育てた藍で染めを体験 庵我小3年生

児童たちがハンカチを染めた かつて藍染めが盛んだった由良川沿いにある福知山市池部、庵我小学校で8日、3年生9人が自分たちで栽培した藍で染めを体験した。塩もみによる生葉染めで、ハンカチに鮮やかな藍色を染め上げた。
 

 総合的な学習の時間での地域学習の一つで、昨年と同様、自分たちが栽培した藍を使って染めを体験。今年は5月に福知山藍同好会の塩見敏治会長からもらった苗を学校園に植えて育ててきた。
 
 染めに使う葉は8日朝に先生が刈り取った。児童たちは塩見会長から教わりながら、刈り取った茎から葉を取って器に入れ、水と塩を加えてもんだ。
 
 しばらくもんでいくと、緑色の汁がやがて青色の藍液となり、器の中にハンカチ状のちりめんを浸し、しっかりと染み込ませていった。ちりめんは事前に端をしばっていて、染めが終わったあと、しばっていた部分を緩め、水洗いして仕上げた。
 
 9人ともぼかしの柄がきれいに出て大満足。「オーロラみたいにきれい」と喜んでいた。3年生の塩見樹生君(9)は「葉っぱをもむ時と染める時に力がいり疲れたけど、きれいに染まりよかった。作品は家に飾っておきます」と話していた。
 
 
写真=しばった部分もぼかしたようになり、9人ともきれいに染め上がった
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ