WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年6月23日のニュース

福知山女子高が来春募集停止 11年度に成美高と統合

福知山女子高校 福知山市内で大学、高校など4校を経営する学校法人成美学苑(角谷建耀知理事長)は22日、少子化などを背景に、福知山女子高校の来春の入学募集を停止し、11年度には系列の福知山成美高校に統合する計画を発表した。統合時の女子高在学生は成美高に編入する。
 

 女子高(足立威校長、170人)は1957年に開校し、半世紀余りで約8100人の卒業生を送り出した。入学生は64年のピーク時に439人を数えたが、その後減少傾向が続いた。今春は、時代の要請に応えるために進学ハイクラスを新設して2コースにしたが、入学生は前年より5人少ない59人(定員100人)だった。
 
 計画によると、来年度は2、3年生のみで運営し、11年度に3年生を成美高(玉木正弘校長、888人)に編入する。成美高は現在、5コースの一部を男女共学にしており、約3割が女子生徒。統合に向け、来春からは全コースで女子生徒を受け入れ、定員も増やす方向で検討している。女子高の跡地利用は検討中。
 
 統合計画は5月27日の理事会で決め、生徒や保護者らにはすでに説明したという。京都創成大学で開かれた記者会見で、西垣寛人常務理事は「少子化が進み、本学苑に限らず高校の経営は厳しい。一つの法人で2高校を経営するより、統合した方が効率的で、より充実させた内容の教育ができると判断した。将来に向けた発展的な再編成」と経緯を説明した。
 
 この計画を受け、松山正治市長は「創設以来、名実ともに府下有数の名門女子高として、地域福祉の高揚に大きく貢献されてきただけに、その名が消えることは残念でならない。より充実した特色ある新しい成美高として再出発していただくことを期待している」とコメントしている。
 
 
写真=来春から生徒募集を停止する福知山女子高
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ