WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年6月21日のニュース

インターハイ柔道京都府予選 共栄が4階級制す

共栄の4選手 8月に行われる柔道競技男子のインターハイ(全国高校総体)に、福知山市の京都共栄学園と福知山成美の選手が出場する。府予選では共栄が4階級、成美が1階級を制覇。体重別7階級のうち5階級を福知山の高校生が制覇した。府予選は14日、京都市武道センターで開催された。
 

 共栄は、66キロ級で清水健登選手(3年、兵庫・大社中)▽73キロ級で櫻井虎雄選手(同、大阪・野村中)▽81キロ級で宮下裕吉選手(2年、京都・蜂ケ岡中)▽90キロ級で清水涼選手(3年、同)が出場する。
 
 府予選決勝では、66キロ級の清水選手は同校の沖田剛尚選手と対戦し、判定勝ちで勝利を収めた。73キロ級の櫻井選手は、積極的に攻めて一本勝ち。81キロ級の宮下選手は延長戦の末に判定勝ち。90キロ級の清水選手は決勝も含む4戦すべて一本勝ちで「一本賞」も獲得した。
 
 清水涼主将は「4人がインターハイへ行けることはうれしく、上位を狙いたい。ただ、27日には団体戦のインターハイ出場をかけた府予選を控えていて、気持ちを新たにして、団体戦で優勝したい」と話していた。
 
 柿原功二監督は「2人の清水はベスト4以上を十分に狙える。櫻井、宮下は、どこまで頑張れるかが楽しみ。会場の雰囲気に飲まれることなく、力が出せるように指導していきたい」としている。
 
■成美からは六人部中出身選手■
 
 成美は100キロ級で六人部中出身の3年生、足立大地選手がインターハイへ出場する。同校としては1988年以来21年ぶりの快挙。
 
 足立選手は中学時代、的場道場で練習。府予選決勝戦の対戦相手・共栄の小林雅茂選手とはライバル関係で、ここ最近は2位に甘んじる結果だったが、「3年生なのでこれが最後。自分の力を出し切る」と挑み、延長戦で判定勝ちした。
 
 足立選手は「技をかけられないまま負けたりしないよう、自分の力を出し切りたい」と意欲を見せる。
 山口藤樹顧問は「高校生活最後の戦い。悔いが残らないよう、守りに入らず攻める柔道を」と期待する。
 
 インターハイは8月8−12日まで、奈良県の天理大学杣之内第1体育館である。
 
 
写真=インターハイに出場する共栄の4選手

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ