WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年6月19日のニュース

コンビニ弁当で地産地消 セブン−イレブンが京野菜など使い

京都限定弁当 コンビニエンスストア大手のセブン−イレブン・ジャパンと京都府が17日、10項目にわたる「地域活性化包括連携」協定を締結した。これを記念して同社は、18日から府内179店舗で「いただきます。京の地産地消フェア」として、伏見甘長とうがらしなど府内産の食材を使った特製弁当の販売を始めた。福知山市内の店舗でも早々に人気を集めている。
 

 協定は伝統文化、伝統産業など京都ならではの資源活用、情報発信と振興▽地域経済・産業振興と雇用拡大▽子どもと青少年健全育成▽災害時支援などを盛り込んでいる。
 
 その第一弾として、府の地産地消を進めるため、京都の自慢の産物で弁当を作ることにした。
 
 福知山でも生産が盛んな「京のブランド産品」の伏見とうがらしを揚げ浸しにし、府内産小松菜をご飯に混ぜ、綾部産の牛肉をしぐれ炊きにして九条ネギを添え、壬生菜(ミブナ)と鶏をほぐし和えにした。ナスは西京味噌(みそ)田楽にしている。焼いたサケが付いて、見た目はとても華やか。手の込んだ味に仕上がっている。650円。
 
 地産地消フェアは7月5日までで、今月25日からは第二弾、府内産ナスとトマトを使った辛味スパゲティを販売する。430円。
 
 
写真=府内産の食材にこだわった地産地消弁当が並ぶ店内(福知山末広店で)
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ