WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年6月 7日のニュース

ゆかりの武将の家紋入り 商店街がドッコイセおしぼり

家紋入りのおしぼり 「ドッコイセ、ドッコイセ」と合いの手を入れる福知山音頭ゆかりの武将の家紋と歌詞を入れた「ドッコイセおしぼり」を、福知山市の広小路商店街が作った。戦国ブームに加え、市のプレミアム商品券「ドッコイセ商品券」の発売を機に相乗効果で知名度アップを狙う。
 

 もともとは昨夏の福知山花火大会に向け、「10万人の観光客が商店街を通るというのに、黙って見ているようじゃダメ。何か売りだそう」と、氷でキンキンに冷やしたおしぼりを出すことを考えたのが始まり。「白無地のおしぼりじゃ、おもしろくない」ということになり、福知山音頭の普及に一役買おうと、ドッコイセおしぼりを作ることにした。
 
 「福知山さん葵(あおい)のご紋」と歌われる葵、福知山城を築いた明智光秀の桔梗(ききょう)、幕末まで福知山藩を治めた朽木家の四目菱と、それぞれに関連した歌詞を入れた家紋シリーズが3タイプ。それに紋を入れず、よく知られた「福知山出て長田野越えて…」の歌詞だけを入れたタイプもあり、計4種類。
 
 昨年のうちに作り、アピールを考えていたところへ、全国で若い女性を中心に戦国・武将ブームが広がり、家紋入り製品の好機が到来。市のプレミアム商品券の名前が「ドッコイセ商品券」になったことから「この機を生かせ!」と、セール開催を決めた。
 
 商店街の商品券加盟店で商品券を使った先着500人にプレゼントする。福知山観光協会の推奨土産品に申請して売り出すプランもあり、「おしぼりをきっかけに、お客さんと店の会話が弾めばうれしい」と店主らは話している。
 
 
写真=家紋と歌詞を入れたドッコイセおしぼり

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ