WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年6月 5日のニュース

メダカの学校三和分校が開校 みわ・ダッシュ村

完成したメダカの学校 福知山市三和町下川合のみわ・ダッシュ村に、町内では初めてのメダカの学校ができた。7日の開村3年まつりにあわせ、300匹のメダカを放し、「三和分校」として開校する。
 

 分校は、13・5メートル×7・5メートルで、深さ約1メートルのコンクリート製の大きな池。水深は30センチに保つように設計されている。
 
 13年前から市内でメダカの生息地を増やす活動に取り組む、ふやせメダカの学校(塩見日出勝校長)が、ダッシュ村の協力を得て、村内の多目的広場の一角に設置。14番目の学校で、これまで設置した中では最大級のものとなる。
 
 「放流するメダカは、土師川上流域に生息する固有種で、町内の用水池などで飼育する人から譲ってもらいました。生態系を壊さずに、メダカをこの池で増やしていきたい」と塩見校長は話している。
 
 池の横には、水生生物や植物の保護、観察ができるビオトープも準備しており、メダカの学校とともに豊年エビやタニシなどが生息し、ハッチョウトンボが飛んで来る場にしていきたい−ともいう。
 
 7日は、午前10時からみわ・ダッシュ村の開村3年まつりが開かれ、同10時30分から分校開校式を開く。
 
 
写真=村内の多目的広場の一角に完成した学校と塩見校長

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ