WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年6月 1日のニュース

早乙女並んでお田植え祭 三和町大原

早乙女が苗を植える 福知山市三和町大原で31日、早乙女が田んぼで苗を植える大原神社の「お田植え祭」があった。地域の人たちが地域活性化と五穀豊穣(ほうじょう)などを願って始めた行事。あぜにはアマチュアカメラマンもたくさん集まり、珍しい行事をカメラに収めていた。
 

 大原には「御供田」という地名が残っていて、かつては同神社の御神田があったところと言われ、お田植え祭もあったのではないかとされている。そこで、川合地域農場づくり協議会が3年前から復活させて続けている行事で、4回目の今年から協議会のほか地域の各種団体でつくる実行委員会(大槻兄市委員長)が引き継いだ。
 
 産屋そばで神事を済ませたあと、かすりの着物やもんぺ、すげ笠をかぶり昔ながらの格好をした早乙女たち10人が田んぼへ入り、横一列になってもち米の苗を手早く植えた。早乙女だけではたいへんと、地元の人も鬼の着ぐるみ姿で田んぼへ。子どもも一緒に田植えをして、水田にはにぎやかな歓声が響いていた。
 
 京都市から来た夫婦は「地域の人たちがひとつになってやっていることが素晴らしい。一生懸命の姿に感激しました」と話していた。
 
 秋には収穫し、同神社を含め地域の神社などに奉納する。
 
 
写真=産屋そばの田んぼで行ったお田植え祭
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ