WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年5月30日のニュース

バーベキューできる公園は食べ残しごみがいっぱい 中学生が掃除

ごみを分別する生徒たち 福知山市三和町千束の三和中学校生徒会(近藤勇吾会長、100人)が29日、クリーンキャンペーンと銘打ち、5・6時間目を利用して、学校周辺のごみ拾いや側溝の掃除をした。地域の人が通る道路沿いはきれいだったが、地域外の人がバーベーキューに訪れる公園は食べ残しごみがいっぱいだった。
 

 毎年、夏休みの終わりの日曜日に保護者とともに清掃活動をしているが、今回は「三和そうじ、ついでに自分も大そうじ」をスローガンに、初めて生徒会だけで取り組むことになった。
 
 生徒たちは学年、クラス、通学区ごとの6班に分かれ、学校周辺から遠くは芦渕の新橋サンダル公園、梅原から辻にかけてといった広い範囲を、約2時間かけて回った。
 
 学校周辺の道路を回った班は、落ちているごみが少ないことに地域の人のマナーのよさを感じていたが、サンダル公園を担当した班は、地域外からバーベキューに来る人たちの残していったごみに苦労していた。
 
 公園を担当したのは3年1組の17人。公園内から河原にかけて拾い集めると、酒の空き瓶や空き缶、バーベキューで食べきれなかった食材までがそのまま捨ててあった。
 
 生徒会副会長の旭里紗子さんは「予想はしていましたが、思っていた以上にごみがあり、大変でした。ごみを捨てないで、という看板が欲しいですね」と話していた。
 
 拾い集めたごみは、その場で分別などし、全員で学校へ持ち帰った。ごみの総量は、90リットル入りナイロン袋で6袋に上った。
 
 
写真=新橋サンダル公園で拾い集めたごみを分別する生徒たち
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ