WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年5月28日のニュース

駅北の大型店 スーパーの誘致できず3階建てから平屋に

完成イメージ
 福知山市は28日、福知山駅北側の大規模街区(約1万4600平方メートル)で、コーナン商事(本社・堺市)がホームセンター・コーナンを核に食品スーパーを併設する複合ショッピングセンター建設計画について、不況の影響でスーパーを誘致できずコーナン単独店に変更になった、と発表した。全体的な規模縮小で鉄骨造り3階建てから平屋建てになる。ホームセンター部分は大きく変わらず、取り扱い商品数は10万アイテムのままで、スーパーの代替として飲食フードコートと地場産野菜販売などの貸し出しスペースを盛り込む予定という。
 

 大規模街区の活用については民間事業者4社から応募提案があり、施設規模▽土地賃貸価格設定▽雇用や近隣商店街との連携を図り中心市街地の商業振興に寄与するなど地域貢献への考え方−などの総合評価で、コーナン商事が昨年7月に活用事業者に決まり、事業実施に向けて動いていた。
 
 しかし、不況の影響を主因に今年2月に同社から計画変更の申し出があり、市との協議を進めてきた。今年5月に変更案について審査するために学識経験者、経済・市民各団体関係者、地元代表ら7人で組織する委員会を立ち上げて諮り、同月25日に「当初計画と比較すると、募集時の審査基準の『にぎわい及び雇用の創出』の面で劣るが、社会的経済状況や駅北地区の現状を踏まえると、やむを得ないと判断する」との内容で市に答申された。
 
 変更後の延べ床面積は約9560平方メートル(当初計画約2万5000平方メートル)、ホームセンターは2階の一部に入れていた分がなくなり約6710平方メートル(同約7090平方メートル)。約2100平方メートルの食品スーパーの代替として、フードコートと市内農家の地場産野菜販売などの貸し出しスペースの「産直館」で約650平方メートルを確保する予定。
 
 駐車台数は2階の一部と3階がなくなることで274台減り、平面と屋上で375台に、駐輪台数は26台減の174台になる。
 
 完成時期は当初の今年12月末から来年4月ごろにずれ込む予定。
 松山正治市長は「計画が一部縮小されたことは残念だが、民間事業者の資本力・企画力・経験豊かな事業ノウハウを生かし中心市街地の活性化に寄与できると期待している」と話していた。
 
 また、審査委員会からは答申とともに駅周辺地区でのスーパーなどの誘致を求める付帯要望を受けており、市はまだ活用が決まっていない土地への誘致などにも努めたいとしている。
 
<写真=計画変更後の完成イメージ
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ