WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年5月25日のニュース

新型インフルの休校解除で1週間ぶりに授業 市内の私立中高

手指を消毒する生徒たち 新型インフルエンザの国内感染者の拡大に伴い、休校措置をとっていた福知山市内の福知山成美、福知山女子、京都共栄学園、福知山淑徳の私立4高校と京都共栄学園中学校は25日、1週間ぶりに授業を再開した。各校とも感染者が確認された地域から列車通学をしている生徒がおり、ウイルス感染防御のためマスク姿で登校するいつもと違った風景がみられた。
 

 福知山市東羽合の京都共栄学園高校、中学校(国田敦校長)では同日朝、大半の生徒がマスクを着用して登校した。教員らが見守るなか、正門近くに並べられたすり込み式の消毒液で手指の殺菌をしてから教室に入り、ホームルームで担任から健康チェックを受けて授業に臨んだ。
 
 兵庫県朝来市から列車通学している中高一貫コースの清水結子さん(15)は「休校中は家庭学習もしましたが、自宅待機の呼びかけがあり、思うように外出できず暇な時間も多かった。けさの列車の中では子どもから大人までほとんどの乗客がマスクをつけていました」と話していた。
 
 同校では休校のため延期した中間考査を6月1日から4日間実施する。国田校長は「授業の振り替えで夏休みを短縮せざるを得ない。手指の消毒とマスク着用の励行も当面呼びかけたい」と話していた。 
 
 
写真=登校時に正門入り口で手指の消毒をする生徒たち(午前8時35分、共栄学園で)

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ