WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年5月24日のニュース

温室の内も外も鮮やかな花いっぱい 農匠の郷ベゴニア園

春の花で包まれている園庭の花壇 福知山市夜久野高原の農匠の郷内にある「やくのベゴニア園」で、色とりどりの花が咲き誇っている。温室内だけでなく、園庭の花壇も春の花で包まれており、訪れた人たちを楽しませている。
 

 各種のベゴニアが年中楽しめる日本でも数少ない施設。温室内には小さな花をたくさん付ける木立ち性ベゴニア、葉にきれいな模様があるレックスベゴニア、大輪の花を付けた球根ベゴニアが並び、一部は販売され、人気を集めている。
 
 また、温室中央付近では、南アメリカ原産の熱帯性の低木のブーゲンビリアが、満開を迎え、南国のムードを漂わせている。高さ30センチ前後の苗木を植えてから10年近くになり、今では枝が広がり、高さ約4メートル、最大幅約6メートルにも成長。紫色の花(苞)が色鮮やかに咲いている。
 
 管理する岡稔さんは「とげが多く、真冬にもアブラムシが付くので手入れが大変でした。ここまで大きく育つとは思わなかった」と話していた。
 
 園庭の花壇は、キンギョソウやマリーゴールド、パンジーなどが見ごろ。花期を終えたものは順次、夏の花に植え替えを進めている。
 
 同園は5月無休。6月から水曜日に休園する。時間は午前10時から午後5時まで。
 
 
写真=春の花で包まれている園庭の花壇
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ