WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年5月19日のニュース

警察官も笑顔が大事 福知山署が講師招きセミナー

0519outai.jpg 外部から講師を招いてのセミナーを福知山署が19日に開き、日本電信電話ユーザ協会京都支部の吉見さつきさんが「心と心がふれあう応対」と題し、市民目線から見た警察官の応対について話した。
 

 吉見さんは、人の第一印象は「平均7秒から30秒」で決まるといい、言葉、話し方、ボディーランゲージ(態度・姿勢・表情など)がその人を判断する要素になると説明。「警察官一人が悪い応対をすると、警察全体が悪く思われる。職業柄、厳しい顔をしなければいけないかもしれないが、せめて警察署に来られた人には『おはようございます』などと笑顔で応対してほしい。人と接するときに笑顔だと、こちらもうれしくなる」とし、職務質問の場合でもぶっきらぼうに尋ねるのではなく、「『お忙しいところ申し訳ございません』などと一言いってから尋ねてもらえれば」と話した。
 
 さらに、「マナーは心が大事。マニュアルやルールを覚えるだけでなく、相手に対する思いやりがあれば、おのずと形になります。市民と接するときは思いやりの心を持って応対すれば、市民はますます警察のファンになるはず」と説明した。
 
 
写真=署員を前に講演する吉見さん
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ