WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年5月13日のニュース

今年度の「e−ふくちやま」着手できず 難視聴個人負担の問題で

0513jitikaityokai.jpg 地域間情報格差の是正を目指し福知山市が市周辺部全域に光ファイバーを敷設する「e−ふくちやま整備事業」で、テレビ難視聴対策の加入金と使用料を巡り、今年度事業に着手できない状況になっている。12日に三段池公園総合体育館メーンアリーナで開かれた09年度春季自治会長会の市政重点施策の説明で市が言及した。
 

 「e−ふくちやま」は、市が敷設する光ファイバーを活用して、非ブロードバンド地域の解消▽地上デジタル化に対応するテレビ難視聴対策▽携帯電話不感地域解消を図る計画。
 
 このうちテレビ難視聴対策は、利用者が限定されるとして、市は難視聴地域の世帯を対象に加入金と使用料を徴収したい−としている。当初は加入金3万9000円と使用料月額1000円で条例化されたが、施行はされておらず、昨年6月に住民負担の見直しを訴えた松山正治市長が当選したことで再度検討することになった。
 
 市はNHKの独自支援策が明らかになったことや事業内容の見直しで、今年3月の市議会定例会に、加入金7000円、使用料は年額6300円(月額換算で税込み525円)に減額する条例改正案を上程。市議会は、加入金の妥当性や国の動向が流動的なことを挙げて「もう少し慎重にすべき」と、継続審査で議論を重ねている。
 
 市は今年度当初予算で、e−ふくちやま整備事業の条例改正案に基づく加入金と使用料を組んでおり「加入金と使用料の内容によって、合併特例債など他の財源も変わってくるので、事業に関する全体の歳入が現時点では見込めず、事業着手ができない状況」(市情報推進課)としている。
 
 芦田副市長は「もっと低額に、との声も出ている」との認識を示した上で「一日も早い議会の理解を得たいので最大限の努力をする」と自治会長たちに説明した。
 
 
写真=三段池公園総合体育館で開かれた春季自治会長会
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ