WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年5月 9日のニュース

大型連休の入館者やや減少 福知山市の18施設

 福知山市はゴールデンウイーク中(4月29日−5月6日)の主な施設の入場者数をまとめた。18施設中13施設で昨年同期間より増加した。好天に恵まれたこと、高速道路料金の割引による混雑回避で近場でのレジャーが選ばれたことも要因と見ている。しかし、例年多くの来場がある施設で大きな減少が見られ、全体では704人減の2万4237人になった。

 
 

 一番多かったのは468人減ながら7671人が訪れた動物園。次いで12人増の三和荘4274人、422人増の農匠の郷・ほっこり館3249人、315人増の福知山城2178人、1500人減の児童科学館1800人と続く。
 このほか、植物園914人(昨年比256人増)、ポッポランド605人(185人増)、大江山酒呑童子の里740人(77人増)などとなっている。

 入場者数の上位を占める三段池公園内の動物園、児童科学館、植物園の3施設だが、3日の子ども大会開催時の入場料が今年は有料になったことが、入場者数の減少に大きく影響したと見られる。同日の入場者数は動物園が1656人(昨年比582人減)、児童科学館708人(1321人減)、植物園107人(118人減)と軒並み減った。
 
 大会は、市子ども会指導者連絡協議会、市、市教委の主催。同公園総合体育館周辺を会場に模擬店やアトラクション、ステージショーなどを集めて開催した。
 
 昨年までは大会に合わせて3施設の入場料を中学生以下は無料としていたが、これは市が無料分を補てんすることで成り立っていた。大会担当の市教委生涯学習課は「(補てんは)慣例でしたが、施設は指定管理をお願いしており、入場料は指定管理者側で徴収してもらい、運営管理の原資とするのが本来のあり方だと思い見直しました」と説明する。
 
 指定管理者の市都市緑化協会は「子ども大会での体育館メーンアリーナとサブアリーナの施設使用料は、市の行事として減免で協力しており、更に補てんなしで3施設の無料化というのは正直厳しい」という。児童科学館の入館料が4月から半額になっており、今後の入館者増につなげていきたいとしている。
 
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ