WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年5月 7日のニュース

お年寄りに楽しい時間提供 ボランティアの力で「大江アットホーム」

0507athome.jpg 福知山市大江町波美、町老人福祉センター・舟越会館に、地域の高齢者の生きがいの場となる「大江アットホーム舟越」が設けられ、7日に開所式をして、事業をスタートさせた。市社会福祉協議会大江支所を運営主体に、地域の人たちがボランティアとなり、お年寄りたちが一日楽しく過ごせる場を提供し、自立生活を支援していく。
 

 大江地域で暮らすお年寄りたちに、舟越会館で有意義な時間を過ごしてもらうのが目的で、社協支所が運営主体だが、事業を計画するコーディネーター、事業を進めていくサポートボランティア、送迎ボランティアはすべて地域の人で構成。支所職員が支援していく形で行う。
 
 利用者は大江地域在住の65歳以上で、歩行や食事が自分でできる人が対象となる。
 
 開所日は毎週木曜日午前10時から午後4時まで。利用料金は送迎費、昼食、おやつ代を含む千円。日ごろは健康チェックや体操、レクリエーション、自分の好きな趣味などを中心に活動する。
 
 利用者は現在20人が登録。支援側も登録制で、コーディネーターは4人、サポートボランティアは11人、送迎ボランティアは7人いる。一日の利用者数は8人となっている。
 
 開所式には利用者、コーディネーターら約20人が出席。式終了後は早速、血圧や体温を測り、体操などをした。
 
 利用者で、サポートボランティアと送迎ボランティアにも登録する同町南山の入江一巳さん(69)は「年をとっても楽しみたいという理由で参加しました。利用者としては、運動をしたり話をしたりして情報交換したい。またボランティアとしては、みなさんに楽しんでもらえるよう、いろんな事業を考えていきたい」と話している。
 
 
写真=開所式後、早速コーディネーターらと顔合わせをする利用者たち(午前10時20分ごろ)
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ