WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年5月 6日のニュース

由良川でサギが子育て 光秀の「やぶ裏」にぎやか

0504sagi.jpg 福知山市内の音無瀬橋上流にある雑木林「やぶ裏」で、サギの巣作りが行われている。巣で卵を温めたり、巣作りのための枝運びをしたりする親鳥の姿が見られ、やぶ裏はたくさんのサギでにぎやかだ。
 

 やぶ裏は由良川と法川の合流点付近にあり、福知山城を築いた明智光秀がつくったとされる。
 
  高い木や竹などが生い茂り、20年以上前からサギの営巣地となっている。毎年この時期になると、高い枝の上に巣を設け、卵を温め、子育てをする。
 
 やぶ裏に生息するサギはシラサギ、ゴイサギ、アオサギなどで、巣は木のてっぺん近くに作る。昨年冬ごろから準備を始め、今ではあちこちに見られる。
 
 ひなが巣立つまでは、親鳥が昆虫やカエルなどを捕まえては与える。巣立ったあと、空になった巣は次のペアが使うことがあるという。天敵は卵を狙いにくるカラスで、頭上に現れると親鳥が警戒する。子育ては7月上旬まで続く。
 
 府の緑の指導員で、野生動物の保護活動をする森方徹さん(63)=堀=は「府内でもサギが集団ですむコロニーが少なくなってきていて、大阪から観察にやってくる人もいる。安全に生活できるよう静かに見守ってやるのが人間の役目です」と話している。
 
 
写真=高い木の上で巣作りや子育てをするサギ
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ