WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年5月 3日のニュース

企画乗車券好調で北近畿タンゴ鉄道が3年ぶりに200万人台回復

 北近畿タンゴ鉄道(KTR)は4月30日、08年度の運輸旅客実績を発表した。輸送人員は発券ベースで200万3393人となり、前年度比1・6%増で3年ぶりに200万人台に回復した。

 区間別では、西舞鶴−天橋立間が好調で、タンゴ悠遊号などの観光型企画列車やローカル鉄道バスツアー効果により、天橋立−豊岡間を抜いて初の利用客トップの路線になった。
 
 一方、運輸収入は10億2154万4千円で前年度比1・7%減となった。昨年10月までは宮福線開業20周年の取り組み、各種企画乗車券が順調だったが、11月以降の景気悪化の進展に伴い、観光やビジネスなど定期外利用が低迷した。
 
 とくに冬期観光の軸である2月が、暖冬とも重なり大幅減少。第4四半期の決算では前年度比10・1%減となり、通年の前年度割れを招く大きな要因となったが、通年の定期利用は増え、運輸収入を支えた。
 
 定期利用では、定期券特急回数券や無記名全線パスなどが順調で、通勤定期の利用が12・3%増となったほか、宮福線での通学利用も2・6%増えた。定期輸送人員は100万380人で、全体のほぼ半分を占め、4年ぶりに100万人の大台を確保した。

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ