WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年4月24日のニュース

自転車と一緒に鉄道の旅 KTRがサイクルトレイン車両造る

0424ktr02.jpg 北近畿タンゴ鉄道(KTR)は、自転車と一緒に乗り込める「サイクルトレイン」車両を造った。5月から企画列車として運用を始める。
 

 前身の宮福鉄道開業(1988年)時のMF形車両が老朽化してきたため順次改装しており、「青鬼」の愛称で呼ばれる深緑のMF100形のうち1両を、サイクルトレインに改造した。
 
 当時の新幹線と同じシートだった座席の一部をベンチシートに改装。ベンチシートをたたむと自転車を収容できる仕組みにした。通常は一般車両として運行し、企画列車として運行する時だけサイクルトレイン仕様にする。
 
 昨年11月に福知山−宮津間でテスト運行した際は通常車両を使ったため、運行前のシートの取り外しと、運行後のシート取り付けにそれぞれ半日を要したが、改装車両は各20分ほどの作業時間ですむという。
 
 同社は「夏と冬に観光客の多い丹後ですが、サイクリングに適した春と秋は少なかったので、この車両で福知山、舞鶴方面からの誘客を図りたい」と話している。
 
 初運行は5月10日。「お披露目ツアー」として西舞鶴を10時10分に出発し、豊岡市内で約3時間、自由にサイクリングして16時44分に西舞鶴へ戻ってくる。定員15人で、大人2000円、小学生1000円(保護者同伴)。申込方法など問い合わせは電話(24)2510の同社企画総務課へ。
 
 
写真=ベンチシートをたたんで自転車を積めるようにした
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ