WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年4月11日のニュース

社会人の第一歩は地域の清掃作業 新入社員らが励む

0411sato.jpg 多くの職場に新入社員が登場し、緊張しながらも笑顔で仕事に向かいだした。全国では内定取り消し問題が相次ぐなど、突然厳しくなった就職活動を乗り越えてきたフレッシュ社会人たち。福知山市の総合小売業さとう(佐藤総二郎社長)でも10日に入社式があり、14人の新人たちが張り切って職場に就いた。
 

 新入社員の内訳は高校卒7人(男性1人、女性6人)、大学卒7人(男性5人、女性2人)で、地域別では府内7人、兵庫県6人、大阪府1人。2日から丹波市青垣町で5泊6日の入社前教育研修に臨み、社会人としての心構えや売り場の基礎知識などを学んでこの日の入社式を迎えた。
 
 式で佐藤社長は「さとうの存在意義は、お客さまの豊かな暮らしのために全力を尽くすことにある」と式辞を述べ、「誇りと謙虚さを忘れず、プロ意識に徹して、共に地域社会のために尽力しよう」と呼びかけた。これを受けて新入社員たちが手話で「お客さまの視点を忘れず、改善を重ねる」などとする決意表明を唱和した。
 
 この後、福知山駅北口前に移動して、ケヤキ通りで清掃奉仕活動に励んだ。社会人第一歩として、地域への感謝の気持ちを込めての作業で、同社の恒例にしている取り組み。
 
 緑の帽子とエプロンをした新人たちが、植え込みの中まで手を入れて、たばこの吸い殻や空き缶などを丁寧に集めて歩いた。
 
 
写真=福知山駅北口で清掃活動に励む新入社員たち
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ