WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年4月 6日のニュース

南陵中野球部が府選抜大会で優勝

0404nanryo.jpg 福知山市南岡町の南陵中学校野球部がこのほど、亀岡市であった「第21回府中学校選抜野球大会」(府中学校体育連盟野球専門委員会主催)で優勝した。現在開催中の第26回全日本少年軟式野球京都府大会では準決勝に残っており、この優勝を弾みに全国大会出場をめざしている。
 

 南陵は昨秋の市新人総合体育大会、中丹代表決定リーグでそれぞれ優勝し、中丹1位として選抜大会へ。大会には山城、京都市、口丹、中丹、丹後の各ブロック1位校と開催地校1校の合計6校がトーナメント戦をした。
 
 選抜大会は、1回戦で園部を1−0、準決勝の精華西戦を2−0で勝利。決勝は江陽と対戦し1−0で延長戦を制した。投手は、キレの良いストレートとスライダーを武器にする右腕・上原和輝君、軟投派でストレートと変化球を巧みに投げ分ける左腕・谷垣匡俊君がいて、1回戦は谷垣君が被安打1、8奪三振の力投。準決勝は2人が継投し、決勝は上原君が被安打2で、15三振を奪った。守りでは3試合を通じて1失策と安定し、攻撃では機動力を生かして得点した。
 
 福井圭祐主将は「自分たちの野球がしっかりでき、勝てて良かった。(開催中の)府大会で勝ち進み、全国をめざしたい」と話している。
 
 古寺良行監督は「秋は雑な守備が目立ったので、冬はグラブをしっかりと地面に付けてゴロを捕球する練習を繰り返した。冬場の地道な努力や、大学生がコーチをしてくれる制度、市野球協会からの技術指導もあり、そういったことの成果が表れた。出場メンバーだけでなく、部員35人全員で勝ち取った優勝です」と話していた。
 
 府大会準決勝は11日午前10時から岡崎球場で、精華西中クラブと対戦する。
 
 
写真=府選抜大会で優勝した南陵中野球部
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ