WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年4月 4日のニュース

鬼伝説、由良川をテーマに遊具設置 大江町河守の公園完成

0403rekisikouen.jpg 福知山市が都市再生整備事業を進めている大江町河守地区の事業地内の3カ所に、公園ができた。「まちづくり歴史公園」「イネふれあい公園」「宮川橋公園」で、住民たちのコミュニティースペースとしての役割を果たす。
 

 このうち北近畿タンゴ鉄道近くの大谷川沿いに設けた「まちづくり歴史公園」は、鬼伝説や由良川の水の歴史をテーマにしており、和をイメージした憩いの空間に仕上げられている。面積は1255平方メートル。
 
 公園の中心にはコンビネーション遊具を設置。屋根の形が櫓(やぐら)風にしてあり、全体は茶色の色調で戦国時代の砦(とりで)をイメージしている。
 
 トイレは瓦ぶきで、壁を漆喰(しっくい)調にした町家風。横に設けたあずまやも瓦でふいてあり、ともに鬼瓦が取り付けてある。建物の間には昔懐かしい手押しポンプがあり、実際に緊急用の井戸水として使える。
 
 このほか「風景の記憶」と題したモニュメントを設置。パイプなどで洪水時に用いられた川舟や川の流れ、水の泡を表現しており、これまでの水害の歴史を記憶にとどめるとともに、豊かなまちづくりへの願いを込めている。同公園の総工事費は約5000万円。
 
 
写真=まちづくり歴史公園内には、戦国時代の砦をイメージしたコンビネーション遊具などを設けている
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ