WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年4月 1日のニュース

中学校は給食センターよりスクールランチで 検討委が市教委に報告

0401kyusyoku.jpg 福知山市立中学校全10校での給食実施に向け、給食方式についての調査、研究を進めていた市中学校給食検討委員会(森孝道委員長)は31日、外注弁当によるスクールランチ方式が望ましいとする内容の報告書を、市教委の荒木徳尚教委長に提出した。
 

 市立中学校では現在、旧3町の学校と北陵の4校でセンター方式による給食を実施している。合併協定では他の6校を含むセンター方式による実施を確認。その後、新学校給食センターの建設予定地が三和町から旧市域に見直されたのを機に、改めて効率的で実態に合った給食方式を検討することになった。
 
 学識経験者、保護者代表、養護教諭ら14人で昨年11月、委員会を組織し、5回にわたって協議した。給食を実施していない中学校の1、2年生やその校区の小学5、6年生、それぞれの保護者らを対象にアンケート調査もした。中学校での昼食で良いと思う方法を、スクールランチ、センター方式の2者択一で尋ねたところ、児童、生徒の8割近くと保護者の過半数がスクールランチ方式を選んだ。
 
 報告書では、「児童、生徒、保護者のニーズ、保護者の負担軽減、学校給食センターの建設・維持管理費のいずれの観点からも、スクールランチ方式が望ましい」とまとめている。さらに課題として「すでにセンター方式で給食を実施している中学校の今後の取り組み」などを挙げている。
 
 森委員長から報告書を受け取った荒木教育長は「報告された意見を十分に尊重し、スピード感をもって対応していきたい」と話していた。
 
 
写真=森委員長(左)が荒木教育長に報告書を手渡した

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ