WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年3月31日のニュース

丹波の漆かき絶やさぬよう 学生たちも参加し苗木を植栽

0331urusi.jpg 府無形民俗文化財「丹波の漆かき」を絶やさないようにと、丹波漆生産組合(岡本嘉明組合長)は28日、漆の苗木50本を福知山市夜久野町小倉に植栽した。
 

 日本では古くから仏像や美術品など貴重な品、日常の器など様々な用途に漆が使われ、各地で漆かき(採取)が行われてきた。
 
 中でも夜久野の漆は質が良く、かつては多くの漆かき職人がいたが、近年は安い中国産に押されて減少。全国でも漆は年に少量しか採取されないようになった。
 
 そこで漆の振興にと、生産組合が2003年から毎年、苗木の植栽に取り組んでいる。今年も組合員のほか、漆関連の仕事をしている賛助会員、「いい作品を手がけるためにも国産漆を守ってほしい」という京都や滋賀の漆芸作家、漆工芸を習う学生ら計35人が参加して苗木を植えていった。
 
 植えたのは2年生の苗木で、10年ほどで漆が採取できるという。
 
 
写真=土壌改良の石灰をまいて苗木を植える参加者たち
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ