WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年3月28日のニュース

センバツ:福知山成美8強ならず 清峰の倍8安打放ち

0328nagaoka.jpg 福知山成美ベスト8入りならず−。第81回選抜高校野球大会第7日の28日、福知山成美は阪神甲子園球場で、午前9時から清峰(長崎)と対戦。清峰のエース・今村に打線が抑えられ、0−1で完封負けを喫した。長岡も清峰打線をわずか4安打に抑えたが、スクイズでの1失点に泣いた。福知山成美は初の選抜出場で、23日の1回戦は延長戦のうえ見事に突破したが、準々決勝進出はならなかった。
 

 9回裏2死三塁。打席には長岡。甘めのストレートに快音を残して打球は右翼後方へ飛んだが、懸命にバックした野手のグラブに−。
 
 福知山成美にホームベースは遠かった。相手打線を上回る8安打を放ちながら、1点を奪うことができず、敗れ去った。
 
 清峰のエース・今村は、長岡と同様に今大会で非常に評価の高い右腕。140キロを超す伸びのあるストレート、切れのあるスライダーを織り交ぜ、成美打線に的を絞らせない。成美はたびたび好機を迎えながら、高めの速球、低めに落ちる球をなかなか見極められずに、凡打を繰り返すしかなかった。奪われた三振は11に上った。
 
 一方の長岡も、8奪三振で被安打4、与四死球0という見事な投球。5回表に先頭打者に二塁打を許し、送りバントで迎えた1死三塁のピンチでスクイズを決められたのが唯一の失点だった。
 
 成美に悔やまれるのは好機で送りバントができなかったこと。3回、4回、7回、9回と、いずれも先頭打者を出しながら、バントはことごとく失敗。4回裏には先頭の福本がセンターオーバーの二塁打で出塁したが、続く打者は送りバントができずに三振し、西元が左前打で続いたが、後続は連続三振に打ち取られた。これに対し、直後の5回表に清峰は、無死二塁から送りバント、スクイズバントをきっちり決め、決勝点を奪った。
 
 福知山成美が敗れはしたが、今大会屈指の右腕同士の投げ合いは、非常に引き締まった好ゲームになった。
 
 
写真=8奪三振、被安打4、与四死球0と好投した長岡
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ