WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年3月12日のニュース

定額給付金と子育て応援特別手当 支給は4月17日以降

0312teigakukyufu.jpg 国からの定額給付金と子育て応援特別手当の給付に向けた福知山市のスケジュールが固まった。16日に各世帯への申請書類の郵送が始まり、3、4日のうちには配達が完了する見込み。申請書はそれぞれの対象者に、給付金、特別手当と別々の封筒で届く。それに必要事項を書き、必要書類を添付し、同封されている返信用封筒で郵送する。この申請がなければ給付されない。郵送による申請受け付けは17日から始めるが、窓口での受け付けは4月20日から。申請の提出期限は9月17日。
 

 定額給付金は2月1日現在で、市の住民基本台帳に登録されている人、あるいは外国人登録原票に登録されている人を対象に、1人あたり1万2000円が給付される。同日現在65歳以上の人と18歳以下の人は8000円多い2万円になる。
 
 一方、子育て応援特別手当は、世帯内に生年月日が1990年4月2日−2005年4月1日の子どもが2人以上いて、その第2子以降が02年4月2日−05年4月1日生まれ(今年4月1日現在で6歳−4歳)である場合に支給対象となる。給付額は対象となる子ども1人あたり3万6000円。
 
 給付は世帯主への口座振替が原則。定額給付金、子育て応援特別手当とも、申請書を提出後、だいたい1カ月か1カ月半で指定の口座に振り込まれる。今のところ、3月中に申請書類の審査が完了したものについて、振込先が京都銀行と京都北都信用金庫の人には4月17日▽ゆうちょ銀行は4月20日▽そのほかの金融機関は4月24日が第1回支払い予定日としている。その後は、審査が終わったものから順に、定期的に振り込んでいくという。
 
 金融機関の口座開設ができない人に限っての窓口での現金払いは、6月下旬以降になる。
 
■育て応援特別手当と混同した問い合わせ続く■
 
 市には、定額給付金と子育て応援特別手当を混同していると思われる問い合わせがあるという。この二つは全く別のもので、子育て特別手当の対象であれば、子ども1人で定額給付金2万円と特別手当3万6000円の計5万6000円の給付になる。
 
 特別手当は、例えば4月1日現在、同一世帯に8歳の第1子、6歳の第2子、4歳の第3子、2歳の第4子がいるとすれば、第2子と第3子が対象になり、2人分が支給される。
 
 2人兄弟の場合、第1子が6歳、第2子が4歳でも、対象は第2子以降なので、給付は1人分になる。
 このほか、世帯主に4−6歳の子どもが1人いて、世帯内に18歳以下の弟・妹がいるといった場合も支給対象となる。
 
 対象世帯には申請書類などが郵送されてくる。
 
 市は、定額給付金の申請が始まるのに乗じた振り込め詐欺などへの注意を呼びかけている。全国的には、市職員をかたって、ATMに誘い出そうとする電話がかかってきた例もある。
 
 市は郵送する封筒の中に、申請書類とともに案内のチラシを入れ、そこでも「市がATMの操作をお願いすることは絶対ありません」「給付のために手数料などの振り込みを求めることは絶対にありません」などと記載している。
 
 定額給付金、子育て応援特別手当に関する相談、問い合わせ、さらに不審な電話があった場合には、電話(24)7078、市商工観光課の担当係へ。
 
 
写真=来週には送られてくる申請書類
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ