WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年3月 6日のニュース

タイの子らに文房具を 上川口小がアルミ缶回して支援

0306kamikawa.jpg 国際理解を深める学習を続けている福知山市野花の上川口小学校(芦田典明校長)6年生18人が5日、アルミ缶回収などで得た収益を、タイの子どもたちの教育支援活動をしている府北部国際交流協会の塩見日出勝会長に手渡した。文房具類を購入し、現地に届けられる。
 

 6年生は総合的な学習で、国際理解教育の一環として、7年ほど前からアルミ缶回収を通じたタイ支援を続けている。今年度は、昨秋に回収に取り組み、さらに地元の上川口ふれあいまつりで手作り品などを販売し、支援金を集めた。
 
 5、6年生が出席して教室で行われた贈呈式では、児童代表の6年生、石川竜一君が「タイの支援活動に役立ててください」と、塩見会長に支援金3万円余りを託した。
 
 同協会では、06年まで続けていたタイに井戸を贈る運動に代わり、現在は日本とタイの子どもたちが絵や習字を交換する活動などを進め、同校6年生も参加している。今回の支援金は現地で不足している文房具類や切手購入費として役立てられる。
 
 芦田校長は「アルミ缶は、児童たちが普段集めたものだけでなく、PTAの資源回収のものも加えており、約260キロになりました。手作り品も好評でした。児童の頑張りと地域のみなさんの協力のおかげで成果をあげることができました」と喜んでいた。
 
■金谷小は老人ホームにAED贈る■
 
 また猪野々の金谷小学校(白木勇治校長)は、このほどアルミ缶回収益でAED(自動体外式除細器)を購入し、近くの高齢者福祉施設・岩戸ホームに贈った。
 
写真=アルミ缶回収などでの収益を塩見会長に手渡す代表児童
 
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ