WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年3月 5日のニュース

「戦友」作者・真下飛泉展 生誕120年記念で福知山城

0304masimohisen.jpg 「ここはお国を何百里…」と歌われる軍歌「戦友」の作詞者で、加佐郡河守町(現福知山市大江町河守)出身の真下飛泉の生涯を紹介する企画展が、内記一丁目の市郷土資料館(福知山城)で開かれている。飛泉に関する資料や遺品など約70点が並ぶ。30日まで。
 

 真下飛泉(1878−1926)は河守尋常小学校などを卒業後、京都市内の小学校で長年教師を務めた。小説を書き、詩歌を詠むなど、文学者としても功績を残し、1905年に「戦友」を発表した。
 
 今回は飛泉の生誕120年を記念して企画。「戦友」の歌詞を載せた歌集や詩集、小説、校長時代の写真などを展示している。
 
 また歌人の与謝野鉄幹が朱を入れた飛泉の歌稿やユニークな画風の自画像、師範学校時代に書き記した発明考案も並んでいる。このほか鉄幹や教育家の新渡戸稲造らからのハガキを張った屏風なども訪れた人たちの関心を集めている。
 
 入館料は大人310円、小中学生100円。開館時間は午前9時から午後5時(入館は同4時30分)まで。火曜休館。
 
 
写真=与謝野鉄幹の朱が入った歌稿など、貴重な資料が多い
 
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ