WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年2月28日のニュース

KTR高架福知山駅が開業 宮福線開業20周年の節目に

0228tapecut.jpg 北近畿タンゴ鉄道(KTR)の高架化工事が完了し、28日に福知山新駅が開業した。27日深夜から総勢150人の作業員を動員して地上線から高架線への切り替え工事が行われ、午前6時57分にはKTR社員に見送られ、一番列車が真新しいホームから出発した。高架下では事業主体の府が主催し記念式典が開かれ、北近畿の窓口としての福知山駅の高架完成を祝い、北口広場では各種記念イベントが催された。
 

 高架新駅のホームでは、始発電車の午前6時57分発宮津行き普通列車の出発式が行われ、辻本泰弘社長ら幹部社員がそろい、無事故を誓って一番列車を見送った。
0228ktr.jpg
  
 あいさつに立った辻本社長は、宮福線開業20周年の節目に、高架新駅の開業を迎えたことに大きな意義があるとし、「連続12年守っている責任事故ゼロを続け、より安心、安全で楽しいKTRをめざしていきたい」と誓った。
 
 このあと、アテンダントの荻野智代さん(22)から、運転士の朝倉博則さん(58)に花束が贈られ、辻本社長の合図で警笛を響かせ、列車は静かにホームを離れていった。
 
 ホームには、5時30分の改札開始から始発式の様子を撮影しようと、多くの鉄道マニアらも駆けつけた。出発した列車には、一般客を含み十数人の乗車があった。
 
 一ノ宮の山岡秀公さん(76)は「昨日の両丹日日新聞で始発式があることを知り、めったにないことなので、一度楽しんでみたいと思って来ました。新駅で勝手が分からず、とまどいましたが無事乗ることができました」と喜んでいた。
 
 
写真=記念式典後、テープカットとくす玉割りで、宮福線高架開業を祝った(28日午前11時35分ごろ)
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ