WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年2月27日のニュース

北近畿の玄関口が完成 KTR福知山駅28日に高架開業

0227ktr.jpg  北近畿タンゴ鉄道(KTR)の新福知山駅が、28日に高架開業する。05年11月26日のJR高架駅の開業から3年余り。駅北口広場の整備はまだわずかに残っているものの、多くの市民が待ち望んだ北近畿の玄関口が完成する。
 
 

 KTR駅高架開業の記念すべき一番列車は、午前6時57分発の宮津行き普通。同6時45分から、辻本泰弘社長らがホームで始発列車出発式をし送り出す。
 
 同10時40分からは、事業主体の府が主催し記念式典が開催され、高架下西側駐輪場付近を会場に、山田啓二知事ら多くの来賓が出席し、テープカットやくす玉開きで開業を祝う。
 記念式典にあわせ、北口広場で午前10時15分から福知山踊振興会の踊り、同11時30分から正午まで府立工業高校マンボウ・ジャズ・バンドの演奏があり、このあとフラメンコ演舞と鏡割りがある。正午から、記念列車乗車会がある
 
 このほか、午前11時30分から午後3時まで、ききょう通り商店街の「うまいもの展・サテライト展」、ミニ新幹線乗車会、鬼のふわふわ遊具のコーナーが開設される。
 
 福知山駅付近連続立体交差事業は、府が事業主体となり1992年度に事業採択された。JR山陰線、福知山線、電車基地通路線の約4・9キロと、KTR宮福線の約1・2キロを合わせた計6・1キロを連続立体交差化し、市街地の踏切9カ所を除去する計画だった。
 
 市の周辺区域土地区画整理事業と連携し、97年度からJR高架工事が始まり、05年度にJRが高架開業。福知山駅東側の踏切がなくなり、市街地南北の一体化が進んだ。今回のKTR高架開業で、残る西側の踏切も除去されることになり、79年の基本構想調査から数え、30年にわたった連続立体交差事業が終了する。
 
 
写真=28日に開業するKTR高架駅
 
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ