WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年2月27日のニュース

光秀と茶にスポット 福知山の食を集め「うまいもの展」

0227umai.jpg  福知山の様々な食を集めた「福知山のうまいもの展」が、28日と3月1日の両日にわたり、福知山市厚生会館・御霊公園を主会場に開かれる。時間はともに午前10時から午後3時30分まで。料理、菓子がたくさん並ぶほか、福知山の城下町の基礎を築いた明智光秀が天正6年(1578)の正月に催した茶会の料理が再現され、菩提寺(ぼだいじ)の老師による記念講演もある。
 
 

 主会場に出店するのは市内の料飲店、菓子店、農産物加工グループなど73店。料飲店の料理展示や菓子・工芸品の展示販売、新鮮野菜や地域の特産品販売コーナーが設けられる。
 
 昨年のうまいもの展では、光秀が徳川家康饗応に作った「天正十年五月安土御献立」の再現が大きな話題となったが、今年は同じく京都短期大学の食物栄養専攻講師の桐村さんが、「天正六年寅正月十一日茶会料理」を再現する。料理のほか茶器も、市内の衣川松栄堂で相談しながらふさわしいものをそろえた。
 
 これに合わせ、28日には茶道裏千家淡交会、1日には福知山表千家茶道会がお茶席を設ける。また光秀の菩提寺・天台真盛宗総本山西教寺の中島真瑞師が、両日に各3回「光秀公とお茶」と題して講演する。 
 
写真=料理再現へ向けて茶器を選ぶ桐村さん
 
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ