WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


両丹日日新聞2009年2月23日のニュース

関取めざして頑張れ 九重部屋の岸君が共栄高卒業式で帰郷

0223kyoei.jpg 角界入りした京都共栄学園高校3年、岸栄太君=福知山市立日新中学校出身=が21日、同市東羽合の共栄高で開かれた卒業式に出席した。すでに古里を離れ、東京にある九重部屋で弟子生活を送っている。約1カ月ぶりに福知山へ戻り、所属していた柔道部の後輩や恩師らに見送られ、3年間の高校生活に別れを告げた。
 

 岸君は1月、日本相撲協会による大相撲初場所の新弟子検査に合格。元千代の富士・九重親方に弟子入りし、相撲の道へ入った。
 
 両国国技館で開かれた初場所では、新弟子たちによる前相撲で初土俵を踏んだ。
 
 「思ったより硬かった」という土俵に上がり、「とても緊張した」というが、幸先よく2連勝。しかし、大学相撲経験者らに6連敗して悔しい思いをしたという。
 
 出発前より体重を5キロ増やして135キロになった岸君。毎日午前6時に起き、まわしを締めて四股を踏んでおり、部屋では食事作りや掃除を担当している。
 
 式終了後には、「関取をめざし、できるだけ強くなって帰りたい。母校の後輩たちにも指導できたら」と気持ちを新たにしていた。
 
 柔道部の芦田武志郎総監督は「翌場所の三月場所は大阪府立体育館で開かれますが、序ノ口として番付表に名前が載るようです。関取になって戻ってきてくれたらうれしい」と話していた。
 
 
写真=卒業式で後輩たちに囲まれる岸君(中央)
 
 

Yahoo!ブックマークに登録

    

[PR]


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ